記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tribox Contest 2016後半期第4節

とりこん4回目です。久々に死にました。

scramble : R' U' F R2 D' B2 F2 D R2 U2 B2 U2 B L2 R2 D U2 R D2 F' L R F R' U' F
なんか青クロスをやれという天の声が聞こえますね……
inverseでもほぼ同じ感じになるのでそっちでやりました。

[2x2x2] R D U2 R B2 U2 F' L2 D' F' (10手)
Rでできるペアを活用する方針です。
ペアを残すことに気を遣っているのでここまではやや長いです。

[2x2x3] D R' D' (3/13手)
できているペアをL面F2Lの要領で入れるだけ。

[F2L#3] R' B (2/13手)
ここで#3まで完成させることではなく次のR2が目当てです。

[pairing] R2 D (2/15手)
これでだいたい揃います(適当)

[pair commutator] B' R B2 R' B2 L B2 L' (9/24手)
ペアを残した甲斐があり、ここで一気に揃います。
日頃の行いってやつですね。


skeleton : L B2 L' B2 R B2 R' * B D' R2 B' R' D R D' F D L2 F U2 B2 R' U2 D' R' (24手)
*= L F' L' B' L F L' B (8-1=7手)
スケルトン長いのに1手キャンセルでもうお通夜モード。

result : L B2 L' B2 R B2 R' L F' L' B' L F L' B2 D' R2 B' R' D R D' F D L2 F U2 B2 R' U2 D' R' (32手)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。